わきがで死にたい~貴女の気持ちわかります。これを試してみましたか?

自分の身体が嫌いすぎて死にたくなる!その前に・・・

一年でいちばん怖い季節が今年もやって来ました。

暑い夏。
一年でいちばん怖い季節。
周囲にはノースリーブの颯爽とした女性たちが。
でも、自分はどんなに暑くても、上着が欠かせない。
なぜなら、自分の体臭が少しでも隠せるようにしないといけないから。
もちろん、両脇には脇汗パッドが挟まれている。
そうしないと、臭い汗が次々と流れてきてしまうから。
でも、その脇汗パッドが余計に臭いを発してるのかも…

満員電車に乗るのは恐怖でしかない。
満員の乗客がみんな自分のわきがに気づいて、嫌な思いをしているんじゃないかと思うと、いてもたってもいられない。

会社の中でもそう。みんな陰では自分のわきがのことを噂してるんじゃないかと、気になって仕方がない。
早くこの季節が過ぎ去ってほしい!
じゃないと、じぶんのわきがのことで頭が一杯になって、頭が変になりそう!
もう嫌だ!
死にたい…

そんな風に思ったこと、ありませんか?
これ、実はかつての私の実体験に基づく、毎年の夏の恐怖を思い出して書いてみました。
ですから、貴女がわきがに悩んで死にたいとまで思いつめるその気持ち、よく理解できます。
この気持ちは実際にわきがの体質の人でないとわからないですよね。
本当に、夏になるとほとんどノイローゼになっていました。なんでこの暑い中、厚着でコソコソしなければいけないんだ!と。
自分自身の体質が呪わしく、情けなくなる毎日。
本気で死にたいと思ったことも何度もありました。

でも!
今は、私は夏が少し好きになりました。
私にピッタリの脇専用、わきが専用のデオドラントクリームが見つかったから。
ここでは、私を死にたいとまで追い詰めたわきがの苦しみから救ってくれたそのデオドラントクリームをご紹介したいと思います。

この薬用クリームが私を救ってくれました!

私をわきがの地獄から救ってくれた医薬部外品、それが「ラポマイン」でした。

ご存知と思いますが、ドラッグストア等で売られている一般的な制汗剤は、使えば使うほどわきがが悪化します。
それは、脇に巣食っている雑菌は、殺菌することで一時的に数が減りますが、「制汗剤の殺菌成分に耐性のある」雑菌が増えてしまい、制汗剤が効かなくなってしまうのです。
さらに、制汗剤を使うことで、脇の皮膚が乾燥してしまい、その乾燥に保湿をとりもどそうとして汗腺や皮脂の分泌が盛んになってしまい、制汗剤を使う前よりも汗がたくさん出てしまう、ということもよく知られています。

それに対して、このラポマインは、まず脇の皮膚に対して保湿成分を配合していることが大きなポイントです。
天然の保湿成分を配合することで、ラポマインのクリームを塗ると、脇の下の皮膚がしっとりと潤います。
そうなることで、普通は「脇の下が湿っていたら臭くなるんじゃない?」と思われがちですが、むしろそれは逆で、脇の下が潤うことで、余計な汗の分泌を抑えることができて、結果として脇汗の量も減りますし、わきがの発生源であるアポクリン腺からの分泌も少なくなるのです。

もちろん、殺菌成分や汗腺に働いて汗の分泌を抑える成分も配合されていますが、それらも脇の皮膚にダメージを与えない成分が慎重に選ばれているので、普通の制汗剤のように「使えば使うほどわきががひどくなる」ということはありません。

死にたいほど悩んでしまうわきが、でも、死ぬ必要なんかありません!
死ぬつもりだったら、最後にこのラポマイン、試してみませんか?
もしかしたら、私と同様、夏が好きになるかもしれませんよ!

子供のわきが対策~いじめにあう前に!

わきがの子供をいじめから守る対策

子供たちは臭いに敏感です!

自分の子供の脇が臭い!
なんだか酸っぱい臭いがする…
これって、もしかして、わきが?
いやいや、自分の子供に限って…
ちょっと身体がよごれているだけでしょ?
毎日お風呂に入れてるから、大丈夫!
でも…

そんな風に悩んでいるお母さん、決して少なくありません。
こうした悩めるお母さんには残酷かもしれませんが、
あなたのお子さんは、臭い「わきが体質」です!

これまでは、小さな子供はわきがにはならない、とされてきました。
わきがの原因となるアポクリン腺からの分泌は、第二次成長期から活発になり、それまでは汗をかいても脇が臭くなることはほとんどなかったのです。
でも、今は子供の成長がとても早くなっています。
まだ10歳にもならないうちから女の子の胸が出てきたり、初潮がはじまったり。
こうした成長の低年齢化とともに、小さい子供でもわきがに悩んでいるケースがとても増えているのです。

わきがに悩む小さな子供を放っておくことは、とても危険です!

大人の場合は、誰かがわきがでも、みんなそのことには触れないで生活する、という生活態度が出来上がっていますが、子供の場合はそういう気遣いは一切できません。
子供は特に匂い、臭さに敏感です。
少しでも汗臭いと「あいつ臭えー!」とはやし立て、いじめの格好の標的になってしまいます。
そして、こうしたいじめと仲間はずれは、男子よりも女子のほうが激烈です。
男の子でも悩んでしまうわきが、それがもし女の子だったら…
ライオンの前に我が子を放置するようなものなのです。

普通の制汗剤はほとんど効果がありません!

普通の人にも、わきがの原因となる物質、アポクリン腺からの分泌はあります。
ですから、普通の人でも、汗をかくと多少脇が汗臭くなります。
ただし、普通の人の場合は、アポクリン腺からの分泌はごく少量なので、一般に市販されている制汗剤で十分対策が可能です。
ですが、わきがの人は、アポクリン腺からの分泌が普通の人の何倍もあるため、ドラッグストアなどで販売されている制汗剤ではほとんど効果がないのです!
スプレータイプやロールオンの制汗剤では、効果があるのはせいぜい一時間。
でも、まさか自分の子供が一時間毎に制汗剤を使うことは、ちょっと難しいですよね。
では、どうすれば…
その対策のためには、「わきがに悩む人専用」のデオドラント剤を使うことが必要です。
わきが専門のデオドラント剤はいくつか出ていますが、いちばん効果が高いという評判なのが「ラポマイン」という商品。

このラポマインは、一般的な制汗剤とは全く逆のコンセプトで作られた、強力なデオドラント剤です。

ラポマインの特徴

ラポマインは、通常販売されている制汗剤とは根本的に違った特徴を持っています。
それは、「脇の皮膚に対する保湿成分を配合」しているということです。
通常の制汗剤は、「脇をサラサラにする」ことを第一に考えるため、多量のアルコールを使って、脇の皮膚を乾燥させるようにします。
通常の発汗量の人であればこれでもいいのですが、わきがの人にとっては、この皮膚が乾燥した状態はとても良くないのです。
それというのも、脇の皮膚が乾燥すると、わきがの人の場合、アポクリン腺や皮脂からの分泌が余計に活発になり、わきがが余計臭うようになってしまうのです!
ですから、通常の制汗剤はわきがの人にとっては逆効果なのです。

それに対して、ラポマインは脇の肌を潤す成分を配合。そのことによって、アポクリン腺や皮脂からの分泌を抑制し、わきがの臭いを抑えることができるのです。
このラポマインの保湿成分は天然由来。だから小さな子供が使っても安心なのです。
多くの女性とともに、子供のわきがの対策にも最適なデオドラントクリーム「ラポマイン」。
その自信の証として、使用後でも90日以内なら返金可能。
まずは試しに使ってみて、効果がなければ全額戻ってきます。
ですが、ラポマインのリピート率はほぼ100%。それだけ効果を実感している人が多いということなのです!

我が子がいじめにあわないための対策として、まずはこのラポマイン、試してみてはいかがでしょうか。
いじめは一度始まってしまうとなかなか治まりません。
そうならないためにも、大至急の対策が必要ではないでしょうか。

子供のわきがを消す方法

愛するわが子が「わき臭ーい」と言われないように

大切なわが子が臭ーい!と言われているかも…

暑い夏!
子供にとっては一年のうちでいちばん嬉しい季節の到来ですね!
海に、山に、プールに、毎日大忙し。
でも、お母さんにとっては、この季節、ちょっと憂鬱かもしれないですね…
友達と遊んでる時に「○○ちゃん、なんか臭ーい」と言われるんじゃないかと…
それというのも、うちの子、ちょっと臭うんですよね。
脇が…
もしかして、うちの子、「わきが」!?
そんなバカな…
わきがなんて、中年男性のなるものでしょう?
それがなんでこんな小さい子供に?
不思議に思われるかもしれません。

子供のわきが実はとても多いのです!

意外に思われるかもしれませんが、子供のわきが、実は少なくないのです。
わきがの原因となるアポクリン腺は、これまでは思春期以降に活動が活発になり、それまでの小さな子供はまだこのアポクリン腺は発達していないので、ワキガにはならない、とされていました。
ですが、最近は身体の成長が低年齢化していることもあり、まだ小さな子供でもアポクリン腺が発達してしまい、わきがになってしまうことが少なくないのです。

更に、大人は比較的冷房の効いた部屋で安静にして過ごすことができるので発汗をある程度コントロールすることができますが、子供は毎日活発に動き回るので、汗をかく量は大人とは比べ物になりません。その上アポクリン腺が活発になっていると、その「臭さ」は大変なことに!
そして、子供の汗はどんどん流れていくので、スプレーやロールオンの制汗剤では、すぐに流れていってしまい、効果を発揮することができないのです。

いちばん怖い「いじめ」からわが子を守るために

一刻も早い対処が必要です!

子供のわきがが深刻なのは、ただ単に臭いということではあありません。
子供の社会は、他人と少しでも違う子供を、「いじめ」という形で排斥しようとします。
ちょっと太っているだけで、ちょっと運動が苦手なだけで、子供たちはそうした子供を容赦なくいじめて追い詰めてしまいます。

そんな子供社会に、もしわきがで体臭が強い子供がいたら…その結果は明らかでしょう。
大切なわが子を、そんな危険な状態にさらしていて大丈夫でしょうか?
今は何ともなくても、いついじめの火がつくか…
一刻も早い対処が必要なのです!

子供のわきがは手術では治せません

大人のわきがの場合は、手術によって脇の汗腺(アポクリン腺)を除去することで治療が可能です。
ですが、子供のわきがの場合は、この手術ができません。
それというのも、子供の時のアポクリン腺は、一度除去してもまた復活してきてしまうのです。
子供にとって手術というのは心身に大きなダメージを与えます。
それを何度も行うというのは、子供は自分自身に対してネガティブなイメージを持ってしまいます。
また費用の問題もあります。
第二次成長期を過ぎた子供の場合は、アポクリン腺の除去による再発はほとんどないので手術に踏み切ることも考えられますが、
それまでは手術は控えたほうが良いのです。

子供のわきがを消すのに有効なのは

このように、子供のわきが普通の制汗剤ではほとんど効果がなく、手術もできません。
でも、早くしないといじめられるかも…
そんな悩めるお母さんたちのために作られた製品があります。
それがこちらで紹介する「ラポマイン」という商品。

この「ラポマイン」は、通常の制汗剤の欠点を改善することから発想されました。
通常の制汗剤は、汗を止めることだけを考えていて、その結果、脇の皮膚を乾燥させてしまうことになるのです。
また、制汗剤を使った時に「スッとする」と感じさせるために、アルコールを多用しています。このことも、皮膚を必要以上に乾燥させることになるのです。
このようにして、制汗剤によってカサカサに乾燥した脇の皮膚では、保湿を取り戻そうとして、余計に汗腺や皮脂の分泌が活発になります。
つまり、制汗剤を使えば使うほど、脇の汗はどんどん分泌されてくるのです!

それに対して「ラポマイン」は、汗を抑える成分、殺菌成分とともに、脇の皮膚の保湿成分が配合されています。
普通に考えれば、汗をかく脇に保湿成分を加えると余計にわきがが強くなるのでは!?と思われるかもしれません。
ですが、「ラポマイン」の開発チームは、脇の皮膚が潤った状態のほうが汗腺や皮脂の分泌が抑えられ、結果としてわきがの臭いも抑えることができる、という研究結果を導き出したのです。
この逆転の発想から生み出された、全く新しいわきが専門対策クリーム「ラポマイン」。
わきがで悩む多くの女性とともに、子供のわきがにも効果があるとして、多くのお母さんが我が子のために購入し、実際に臭いわきがを消すことに成功しているのです。
通常の制汗剤も手術も効かない子供のわきがを消す方法、この「ラポマイン」を試してみてはいかがでしょうか。

もし効果がなければ返金もしてもらえるので、ダメ元で試してみて、効果がなければ返金もありだと思います。
我が子がいじめに合う前に。
決断は早いほうがいいですよ!